Follow us on facebook.

WEDGWOOD ファブリックと壁紙発売

Posted by on 11月 30, 2015 in ファブリック
WEDGWOOD ファブリックと壁紙発売

こんにちは、ATSUKOです。
WEDGWOOD HOMEの発表会へ行ってきました。

WEDEWOODのテーブルウェアやギフトは、日本でも大変人気がありますね。
私が9月に滞在していた英国では、 アンティークマーケットで沢山のWEDEWOODに
出会いました。特に目を引いたものがジャスパーウェアでした。
英国では昔から愛され続けていたのでしょう・・・

1759年にジョサイア・ウェッジウッドにより設立されたWEDEWOOD。
天然痘に掛かり、右足を切断しなければならないという不幸に見回れながらも、
陶芸の研究に没頭し、多くの技術を考案、セラミック産業の革新的技術となったそうです。

ジョサイア・ウェッジウッドの言葉
『美しい形、美しい構図というものは“ 偶然できた” ということではないのです。』

WEDEWOOD社と共同開発を行ったBLENDWORTH社が考えるブリティッシュスタイル
とは、『イギリスの伝統的な価値観や職人芸、スタイル、品質だけを意味するのではなく、
伝統を見る視点を変えたり、現代風にしたり、解釈を変えてみるというような英国本来の
創造的な姿勢という意味も含めている』ということです。
確かに英国のインテリアは、伝統的なものと驚くほどに現代的なものの融合が見られる
ように思いました。

さて、今回の発表会は、250年にわたるアーカイブ(陶器)を、ファブリックや壁紙で蘇らせる
というものです。
コレクションの中から一点ご紹介します。
DSC08085
DSC08082

柄が正確にプリントされていますが、更に素晴らしいのがインドの手刺繍。
天然繊維に施された、凝っているけれど刺繍の素朴な仕上がりは温かみを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PASHMINA
植民地時代、インドのテキスタイルパターンにインスパイアされたパターン。大胆かつ
力強さが魅力。150年親しまれてきたこのデザインは、白いボーンチャイナに加工された
ジャコビアン様式の花と葉が特徴。コットンリネン生地にプリントし、インドの手刺繍が
アクセントに。

どのデザインも、洋の空間、 和の空間どちらでもお使い頂けるとても素敵なデザインです。