Follow us on facebook.

Morris & Co.のファブリックで衝立てをつくりました。

Morris & Co.のファブリックで衝立てをつくりました。

リビングと和室の間仕切りにMorris & Co. (ウィリアム・モリス)のファブリックで衝立をつくりました!  
お施主さまより、「襖があるけど、できれば開放し空間を明るく広くしたい。でも、丸見えでは来客時に困るんです。」とのご相談をいただきました。
リビング側は壁もカーテンもモリスなので、こちらの間仕切りにもモリスのファブリックを使うことにしました。

 

裏面のファブリックは”Blackthorn”。リバーシブルになっています。

線の細いアイアンのフレームとモリスのファブリック”Golden Lily” 。和室ともマッチする組み合わせです!

衝立のフレームは、かつて19世紀のモリス商会で販売していた、ロセッティチェアーのシートバック(背もたれ)からインスピレーションを得てデザインし、鍛冶屋さんに作っていただきました。私たちは工房やアーティストとのネットワークがあるので、画一的でないご提案が可能なんです。(^^)

 

 ウイリアム・モリスのファブリックや壁紙は比較的、あらゆるショップや施工会社で扱える商材となっています。ただし、モリスのデザインを理解し、その良い素材をセンス良くデザイン・コーディネート・縫製・施工できるかによって、その仕上がり具合には大きな差が出ます。是非、信頼のおけるところにお願いしましょうね。

モリスのインテリアをご希望の方、お気軽にAvenueにお問い合わせください。 →お問い合わせフォーム
弊社にはBritish Institute of Interior Design(英国インテリアデザイン協会)正会員のインテリアデザイナーもいます。(←日本人です。念のため。)