Follow us on facebook.

テーブルウェアフェスティバル2018

Posted by on 2月 11, 2018 in 最近のあれこれ
テーブルウェアフェスティバル2018

こんにちは、インテリアデザイナーのATSUKOです。

今年も行って参りましたテーブルウェアフェスティバル!毎年行っておりますが、 この時期都内での予定が重り、 毎年駆け足になってしまいます😢今年も午後からのセミナーを前に、 大急ぎで廻ってきました。

毎年、来場客の多いテーブルウェアフェスティバルですが、 今年も大勢のテーブルウェアファンが訪れていました。私の一番の注目は、特別企画 英国-Style of Life-。 入口の正面に英国ライフスタイルが展示されていました。ブース内はいつ見ても大変賑わっていました。また、トップにある写真は、会場中央にセンターガーデンとして、コッツウォルズのはちみつ色の石‟ハニーストーン”の石積みや、色とりどりの草花で英国ガーデンが演出されていました。

ここからは英国食器ブランドをご紹介いたします。
まずはAVENUEでもお客様に紅茶をお出しする際に使用しております『バーレイ』。今回の展示は、シックでクラシカルなシリーズ‟ブラックリーガルピーコック”。国王ジョージとお妃メアリーのために披露されたシリーズ。コレクションは全12種類、色違いも含めると20種類にもなり、カラーや柄によりテーブルの雰囲気も変わりますね。

次はとてもカラフルで、お茶やお食事が楽しくなりそうなブランド『エマブリッジウォーター』。英国陶器の発祥の地ストークオントレントに工場があり、ハンドメイドで作られている何とも温かみのある色や模様。中には、スポンジのスタンプで描かれているものも・・・ この手作り感が何とも愛らしいです💗

続いては、日本でも大変人気のある『ウェッジウッド』。ジョサイア・ウェッジウッドにより創設され、「質の高いテーブルウェアをより多くの人に」という考えは今も受け継がれています。手前のジャスパーウェアシリーズは、デザインやカラーが数多く、ウェッジウッドブルーともいわれるこちらのペールブルーをはじめ、ライラック・ブラック・テラコッタ・セイジグリーンなど展開されています。私も英国で立ち寄ったアンティークショップでは、日本では見たことがなかった濃いカラーに何度も出会いました。

最後のご紹介は『ポートメリオン』。テーブルの上がガーデンになったようなシリーズ‟ボタニックガーデン”。 英国ガーデンの草花をモチーフに描かれています。機能的で扱いやすく、カジュアルなテーブルウェアとして人気のシリーズです。

ガーデンも魅力的な英国らしく、屋外の演出も素敵でした🌟見逃しそうなスペースにピクニックスタイルのセッティング。キャンプやピクニックでもお気に入りの陶器でお食事やお茶をしたら、グーッと美味しく感じそうですね!

テーブルウェアもインテリアとしてとても重要ですね。是非テーマを決めて、食器やカトラリーにお花、勿論テーブルクロスやナプキンなどのファブリックも素敵にコーディネートをして、テーブルセッティングを楽しみましょう♪

Leave a Reply